Chobit ! レーシングシムブログ

レーシングシムがチョビットと適当な記事の数々
<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Recommend
RECENT COMMENTS
  • このミニオフロードバイクめっちゃ格好いいじゃないの
    Ta2ya (10/23)
  • このミニオフロードバイクめっちゃ格好いいじゃないの
    FL (10/22)
  • GTR2 PP鯖 NAGP GT1>2 Anderstorp GPに参戦
    Ta2ya (12/03)
  • GTR2 PP鯖 NAGP GT1>2 Anderstorp GPに参戦
    Hetter-P (12/02)
  • Race07はオンラインとオフラインで挙動が違う?
    Hetter-P (10/18)
  • Race07はオンラインとオフラインで挙動が違う?
    Ta2ya (10/17)
  • Race07はオンラインとオフラインで挙動が違う?
    Hetter-P (10/17)
  • IXY 420F WIFI接続できない
    Ta2ya (10/01)
  • IXY 420F WIFI接続できない
    キーボード (09/29)
  • 女子大生ルーマニア一人旅事件を聞いて
    Ta2ya (08/23)
LINKS
ようこそ!
PROFILE
SEARCH
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | スポンサードリンク | - | - | - | - | - |
    アメ村でレッドブルxKTM 大阪城FMXファイターズ特設会場を発見!
    0
       

      レッドブルKTM特設会場1

      レッドブルが大阪城でFMXやるみたいで
      アメ村の一角にレッドブルxKTMの特設会場ができてました。



      レッドブルKTM特設会場2


      レッドブルKTM特設会場3

      主にFMXとは?と言った内容で
      レッドブル飲みながらFMXについて学べるようになってました。



      レッドブルKTM特設会場4

      手前のランプのところにKTMが固定されいて、
      どんな感じで選手が飛び出すのか体験できるようになってます。
      奥にはDJブースがあり、DJが音楽を流してます。
      KTMのマシーンの展示とパンフレットが置いてあり私もパンフゲット。

      レッドブルとKTMが組んでるんですが、
      これは決して偶然の繋がりじゃなく、
      オーストリア繋がりなんですよ。
      宣伝費折半でうまい宣伝の仕方しますね!

      大塚製薬とトヨタで組むなら安全運転講習会になりそうです。
      事故の怖さがわかる事故体験ライドやってます。みたいな。





      | Ta2ya | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スーパーモト(モタード)を見に行ってきました
      0
         

        スーパーモト(モタード)を見に行ってきました。

        モタード01
        いつもは主にカートコースとして使用されてるみたいです。
        日本のカートコースの規模からするとだいぶ大きい方だと思います。
        この奥の奥までがコース。高低差もあってテクニカルなコース。

        モタード02
        アマチュアの大会と思っていたら、
        タイヤウォーマー使ってたりと割と本格的でした。

        モタード03
        Pitbikeのクラス。
        このゼッケン99が段違いに速い。
        スタートしてまもなくでこの差。
        戦歴みてみると今シーズン全戦優勝しててウイリアムズルノーの
        アクティブサスペンション並のものを感じましたw

        モタード05
        Pitbikeは小さいから何となく音量も小さいという幻想に
        捕らわれていたのですが堂々たる音量ですよ。
        やりようによってはこんなにうるさくなるんですねw 
        下手したら400クラスよりうるさいかも。
        バリバリバリ汚らしい音まき散らしやがってw

        モタード04
        ヘルメットにGoproがついてます。あとでニヤニヤするんでしょうかw

        モタード06
        ATVのクラス。
        400もそうですが、ATVにこのコースは幅がちょっと狭いですね。
        真ん中のラインを取られると、実質アウトからもインからも抜くのは無理じゃないかな。

        この後下の画像のシケインへと続くのでここで並んで次で勝負みたいなのも無理です。




        モタード07
        400ccクラス。

        400クラスも目一杯うるさく仕上げてあるので20台でのスタートの瞬間はジェット機でもスタンバイしてんのか?ぐらいの音量。

        モタード08
        モタードの一番の見せ場はこのリアスライドだと思います。
        見てて思ったのですが、ぶっちゃけこれってほんとに何かメリットがあるんですか?

        敢えて滑らすことでリアの限界がコントロールしやすいと聞いたような気がしたのですが、やっぱりどう見ても敢えて滑らそうとすることで挙動が逆に不安定になってるように見えますw 路面のミューが低ければありかなって気はするんですが、、、

        滑らし方を観察してたところ、
        3速一気に落とす人、
        2速一気に落とす人、
        ギアを落とさずリアブレーキだけでコントロールする人がいることが分かりました。

        2速一気に落とす人が一番多かったのですが、
        3速一気に落とす人が一番スライドが綺麗で一番速かったです。

        ここが一番の抜きどころなのにここでスライドさせるものだから
        抜いたり抜かれたりといったシーンは皆無ですw

        モタード09

        15分のレースといえどレベルにばらつきがあるのでどんどん周回遅れが出てきます。周回遅れの人はストレートで左によって思いっきりスピード落として行ってもらう。みたいな、オンラインレースでよく見かける光景が繰り広げられてました。現実でもクールに抜かれるというのは難しいんでしょうねw









        | Ta2ya | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        女子大生ルーマニア一人旅事件を聞いて
        0

           
          危険すぎた「女子大生ルーマニア一人旅」 アイセックに「説明不十分」と批判噴出

          私は99年にルーマニアを1人で訪れています。

          ブカレストの駅は客引きが多いんです。
          客引きのタクシーに乗っちゃったみたいだけど、
          断れなかったんでしょう。

          駅の中央駅というのは犯罪者と貧しい人が集まる場所です。
          日本でも治安が悪いところがありますが、
          深夜に女性一人でそういうところを歩けばやっぱり危険度はあがる。
          それぐらいの感覚は持たなきゃだめ。

          リスクありきの貧乏旅行ならともかく、
          夜中に空港に着くなら素直に空港ホテルに泊まるべき、、、
          ましてや旅行経験も少なく行ったこともない国ならなおさらです。

          インターン先へ自分で行くというのは当たり前のことだと思います。
          地方の人が東京に就職して東京駅まで迎えに来てもらうことを期待しますかという話。

          ルーマニアが安全かどうかの判断は受ける本人が決めること。
          どこの国でも多かれ少なかれ危険はあるものなので。


          ブカレストの中央駅


          あの有名な国民の館





          | Ta2ya | 旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
          思い出の写真
          0






            当時、飛行機の乗り方も知らない、英語も話せない私が、初めての海外にバックパッカーとして旅立ちました。当時は着いた時点で精神的にいっぱいいっぱいで、初日の宿が見つからず日が暮れ始め、途方に暮れたことは一生忘れられない思い出ですw

            写真はブリスベンからケアンズに向かう長距離列車の中。32時間ぐらいの旅路だったと思います。座席は3人掛けで、夜は3段ベッドになります。

            あれから15年ですよ、、、
            | Ta2ya | 旅行 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
            オーストリア Solden スキーリゾートへ行ってきた
            0
              オーストリアのSolden スキーリゾートに行ってきました。
              ここのスキーリゾートはゴンドラを乗り継ぐことで宿の集まる1300メートル付近から3000メートルまで一気に到達出来るというのがウリです。そのため雪質がいいとのこと。

              3000メートルクラスの山が3つあり、それをビッグ3と呼びます。滑走エリア(2000メートルから3000メートル)は大まかに分けて3つのパートに別れています。トライアングルのような形になっており、左、右、上のパートに別れます。左や右のパートの下部には宿がある形。

              上のパートは氷河エリアでリフトを乗り継いでしか行けない上に、天候が悪いとすぐに休止になります。

              リフト数が35。初心者コースが69キロ、中級コースが51キロ、上級コースが28キロです。
              一番長いコースが15キロで高低差2000メートルを滑降することになります。

              スキー場マップ↓
              スキーマップ



              左のパートの頂上。3058メートル地点。ゴンドラ2回乗り継ぐとここに到着。


              景色はこんな感じ。


              スキーを引退したお年寄りも景色と日光浴するためにここまで来てました。
              ルフトハンザのチェアーが解放されてたんですがショボイw(写真下部)




              これは右パートのリフトエリア。一番混み合う場所。
              David GuettaとSnoop Doggが4月9日に来るそう。


              スノーパーク。11月からオープンとあったのですが未だに準備中でした。
              この翌日にオープンになりましたが、だいぶはしょられたみたいです。
              雪不足が原因と思われます。

              これは氷河エリアの頂上です。画面左は私の指ですw


              滑走外エリアは滑走禁止というわけではないみたい。
              自己責任でよろしくね!という感じでしょうか。
              場所によっては滑って良いのここだけ?みたいな感じになってるので、
              滑走許可エリアだけでは物足りないのは事実です。(参考は4枚上の写真)
              ピステされてるところだけが滑走エリアとなってる模様。


              このように滑走外エリアを普通に滑ってます。
              事故起きた場合の扱いですが、レスキュー保険というのがあり、
              それに加入している場合はヘリなどを使った救助は無料。
              滑走エリア外の場合の扱いはどうなるのかよく分かりません。


              天気が悪いとこんな感じ。ふもとはそうでもなくても上に到達すると猛烈な風。
              あまりに揺れるものなので記念に動画を撮影したのですが、小康状態となりうまく取れず。
              船に乗ってるみたいに大きく右へ左へ揺れてました。
              風があまりに強い場合はゴンドラ内にスノーボードを入れるよう指示があります。


              降りてきたらゴンドラは中止になってました。


              天候悪し。
              この日は3000メートルエリアに行くリフトは全て休止で運行リフトは半分程度でした。

              新雪エリアを滑っていたら雪に埋まる私。
              しかも左方向に滑走しないと駄目なのに下方向へ降りてしまい、
              復帰するのが大変で死にそう。


              実は写真撮るふりしながら休憩してるのですw



              私の愛車公開!!いやぁここまでくるのに時間がかかりましたよw


              チェックアウトの朝。前日からの雪で駐車場がプチパニック状態。
              下部真ん中のBMWは30分ぐらいもがいてました。高級車も雪が降ればただの箱。
              私は騒ぎが収まるのを待ってから出発したのでセーフですw


              帰りの高速道路の様子。雪から雨に変わるという最悪のコンディションの中、
              知らない間にナビに地道の峠越えルートに導かれていた私。死ぬわっ!!




              | Ta2ya | 旅行 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              <new | top | old>